議会あいさつ

平成23年第2回相馬市議会臨時会

2011-04-26

本日、平成23年第2回相馬市議会臨時会を招集いたしましたところ、議員各位には全員の御出席をいただきましたことに御礼を申し上げます。
また、議員各位におかれましては、連日、誠心誠意震災対応に御尽力いただき、この非常事態に大きな働きをなされていることに、重ねて御礼を申し上げます。
初めに、去る3月11日に発生した「東日本大震災」でお亡くなりになられた方の御冥福をお祈りいたしますとともに、御家族、御親戚の皆様に衷心よりお悔やみを申し上げます。
また、今回の震災で被害を受けられた皆様に御見舞いを申し上げますとともに、現在も避難所での生活を強いられている皆様には、不自由をおかけいたしておりますが、今しばらく御辛抱いただきたいと存じます。

今回の震災で、404名の市民の方々が亡くなり、本日も、行方の知れない70名の方々の捜索を続けております。
また、1500を超える世帯が床上浸水以上の被害にあわれ、今なお1100名の方々に避難所での生活を送っていただいております。
漁船338隻が全損し、漁港や市場などの施設も大きな被害を受けた漁業や、水田の約40%が冠水した農業、建物や設備に被害を受けた製造業など、市内の産業も大きな痛手を受けております。
詳しい被害状況につきましては、次の議会で御報告申し上げますが、まずは市民生活の安定と被災なさった方の生活支援に、対策本部一丸となって取り組んでまいります。

次に、福島第一原子力発電所の事故への対応について申し上げます。
市民の健康への不安に対処するため、3月19日から市内2か所の、4月25日からは五か所の放射線量測定結果を市ホームページや広報そうま号外をとおして公表いたしております。
また、相馬地方広域水道企業団でも、すべての水源地の水の測定結果を公表しており、市民の皆さんに冷静な対応を呼びかけております。
今後、東京大学医科学研究所の御協力を得て、市民の安全のために本市の放射能障害に関する調査研究・分析を行うこととしており、この情報も随時公開してまいります。

前のページへ戻る

ホーム > 市長室 > 議会あいさつ > 平成23年第2回相馬市議会臨時会