市長エッセー

内憂外患

2004/01/16

内憂は言わずと知れた財政難。これは言い疲れたから書かない。

で、外患はと言えば環境問題である。
実は水面下で進行している一般、または産業廃棄物の処理場建設計画が少なくとも2つ以上あるのだ。

相馬市で発生したゴミや廃棄物については、相馬市内部で処理できるように施設整備等、行政が市民の理解を得ながら問題解決を図って行かなければならないと思う。また、たとえ他所の地方で発生した廃棄物でも、リサイクルなどの資源、あるいは原料として循環型社会を担うものであれば、その業態を精査した上で、しっかりとした情報公開の下、受け入れを了解することはやぶさかではない。
しかし、最終処分場とするために我々の知らない地域の、中身もよく分からない廃棄物を相馬市に持ち込むことには、地域を挙げて反対しなければならない。件の産廃業者は、法律や許認可のレベルをクリアーすれば可能と考えるだろうが、我々は最後はむしろ旗での住民運動となっても抵抗するであろう。そのときは市長以下、血判状を書いて火の玉となって住民運動を展開しなくてはならない。

今の相馬市には「うまい話」で懐柔できる政治家はひとりもいない。市会議員にも、市の幹部にも誰もいないし、もちろん県会議員もそうだ。だから業者にとっては決して与し易い相手ではないはずだ。
これらの計画に対し、我々には知りえた情報を開示することを阻む何の理由もない。このような問題をできるだけ市民の皆さんと話し合い、郷土の環境に対する想いと、危機意識と、情報を共有し、不逞の輩であれば断固戦ってゆかなくてはならない。

環境問題に関して、出来るだけ多くの分野の方々に参加いただける委員会を企画しているので、大いに議論をしたいと思うし、知恵を借りたいと思う。そしてホームページ等を利用し広く情報開示をしたいと考えている。

 

前のページへ戻る

ホーム > 市長室 > 市長エッセー集 > 市長エッセー