生涯学習とは出前講座子どもの学びサポート男女共同施設情報生涯学習情報

生涯学習・トピックス

大樹町・豊頃町から少年親善使節団 陶芸教室などで仲良く交流

taiki_toyokoro_shisetsudan姉妹都市の北海道大樹町と豊頃町の少年親善使節団は、7月30日から8月1日までの3日間、本市を訪れ、市民と交流を深めました。

本市を訪れたのは、両町の小学校5、6年生15名。

歓迎式の前には、市民会館で開かれていたふれあい茶会に参加し、子どもたちは茶道の作法を学びました。

式では、立谷市長が「存分に楽しみ、相馬の今を感じていってください」と歓迎のあいさつを述べ、団員を代表し、豊頃小学校6年生の軍司一冴くんが「相馬の食べ物をたべたり、遊んだりして思い出を作りたいです」とあいさつしました。

終了後、団員はそれぞれホストファミリー宅に宿泊。

2日目に陶芸教室、3日目に「未来への道1,000q縦断リレー2016」出発式を見学するなどして交流を深めました。

市は、昭和58年、大樹町・豊頃町と姉妹都市を締結。毎年この時期、交互に使節団を派遣しています。

 

 


前のページに戻る