生涯学習とは出前講座子どもの学びサポート男女共同施設情報生涯学習情報

生涯学習・トピックス

北海道で楽しいを思い出を

7月30日(土)から8月1日(月)までの3日間、市内の小学5〜6年生40名を団員とする相馬市少年親善使節団が姉妹都市である北海道大樹町と豊頃町を訪問しました。

両町は震災直後から救援物資等で支援いただいており、今回は両町との友情の絆を深めるとともに、様々なご支援をいただいた方々へ感謝の気持ちを表すための訪問となりました。

震災により制限された生活をしている子どもたちは、両町の方々から大変な歓迎を受け、雄大な北海道の自然にふれ、子牛にミルクを与えたり、北海道の食材を使用して思い思いのピザを作ったりと、地元ではできない貴重な体験をしてきました。また同世代の子どもたちとふれあい、ひと回り大きくなって無事、帰ってきました。

北海道訪問


前のページに戻る