お問い合わせ

相馬市教育委員会

  • 〒976-8601
  • 相馬市中村字北町63-3
  • 電話0244-37-2183
  • ファクス0244-37-2617

 

平成27年第2回相馬市教育委員会2月定例会会議録

1 開催日時

平成27年2月3日(火)
開会 午後1時28分
閉会 午後4時30分


2 開催場所

相馬市役所 5階 第4委員会室


3 出席した委員

委員長 宗形明子
職務代理者 太田孝泰
1番委員 小畑強子
5番委員 森陽子
教育長 堀川利夫


4 欠席委員 なし


5 出席職員

教育部長 臺内吉重
生涯学習部長 渡部卓
総務課長 阿部和夫
学校教育課長 村田権一
生涯学習課長 坂本郁雄
中央公民館長兼市民会館長 岡本孝
学校教育課主幹 渡邉義人
総務課庶務係長 小関善之


6 傍聴人 なし


7 付議事件
別添関係資料のとおり

7付議案件
平成27年第2回相馬市教育委員会2月定例会日程

第1 開会

第2 会期及び日程の決定

第3 会議録署名委員の決定

第4 前回会議録の確認
1 平成27年第1回1月定例会会議録について

第5 報告事項
1 第1回相馬地方教育委員会教育長会議について    

第6 議題
1 議案第2号 平成27年度相馬市教育振興基本計画に基づく重点目標について

第7 当面する教育行政の課題
放射線教育・防災教育の現状について

第8 各課館の報告事項
1 総務課
(1)入札会の結果について
(2)2月の教育委員会関係行事予定について
2 学校教育課
(1)1月学校の様子について
(2)平成27年度学校教育課の重点目標について
(3)卒業式・入学式について
(4)相馬市学校給食調理等業務委託業者選定委員会設置要領の制定について
3 生涯学習課
(1)平成27年度成人式について
(2)第61回文化財防火デー消防訓練について
(3)第17回相馬市さわやかドッジボール大会の開催について
(4)共催・後援について
4 中央公民館
(1)中央公民館(千客万来館)落成式について
(2)中央公民館・応急仮設住宅生涯学習講座合同学習展の開催について

第9 その他

第10 閉会


8 議事の経過

日程第1 開会


日程第2 会期及び日程の決定
(本日1日とし、別紙日程のとおり決定)


日程第3 会議録署名委員の決定
(1番小畑委員、2番太田職務代理者)


日程第4 前回会議録の確認
(承認)


日程第5 報告事項
(承認)


日程第6 議事
1 議案第2号
(一部修正し、原案のとおり決定)

【質疑事項】
宗形委員長 これまで取り組んできた取り組みと比べても遜色がない印象だが、その中で何点か気になるので教えてほしい。
『時代の流れを先取りした事業』とは具体的にどのようなものを指しているのか。次に第2章第4節では、昨年度まで記載があった地域ボランティア活動の拡充から、『NPO』に関する文言が無くなった理由は何か。第6節でも昨年度まで記載があった『地域の伝統文化や芸能』に関する記述が無くなった理由。
総務課長 『時代の流れを先取りした事業』については、次期の相馬市教育振興計画は平成29年度からスタートするため、今年からどの様な内容とするのか、その取り組み内容を考えなければならない。また、相馬市のマスタープランの検討と、整合を図りながら進めたい。
生涯学習課長 NPOの組織が、必ずしもボランティア活動をする団体としては馴染まないと判断し、文言を削除した。
これまでもNPO法人の設立等の面でも、支援してきた経緯もあるが、郷土蔵以外でも、業務委託をしている事も考慮し、改めてボランティアとNPOを分けた。
中央公民館長 今月、新しい中央公民館が開館することもあり、これまでに行ってきた各講座の中にも、マンネリ化している講座の解消も課題であるため、ここに掲げた講座を重点的に実施するため記載した。
決して地域の伝統文化や芸能に取り組まないと言う事ではない。
小畑委員 これまで相馬市内に設立されたNPO法人は、市の業務を受託する会社的な要素が多いと感じている。
全てのNPO法人が市から業務委託を受ける団体ではないので、そのようなNPO法人においても、育成や支援をお願いしたい。
太田職務代理者 少子化に伴う児童生徒の減少に関する対策について、この重点目標の中に含まれているところはあるか。また、児童・生徒の学校間交流や、教師の交換授業等、現場の活動として、平成27年度・28年度で取り組む対策は含まれているか。
学校教育課長 スクールカウンセラー、スクールソーシャルワーカーについて、各課と連携して実施している。
『社会科副読本』については、各地区の特徴をとらえた内容で、作成を進めている。
この様な取り組みを通して、平成27年度の少人数学級への対応である。
また、コアティーチャーの配置や、小中学校の連携を図った『つなぐ教育』については、独自に取り組んでいる。また、各幼稚園間における交流は、現在も行っている。
教育長 幼児教育で課題となる『小学校教育へのスムーズな移行』を、新年度に検討していきたい。
小畑委員 学校教育の充実の(2)の中に『体験活動の充実』との記載があるが、これは学校行事の中の体験活動なのか、それとも新しい企画をすると言うことか。
第2章第1節の(3)に、『男性や若い世代を重点に幅広い年齢層の参加促進』とあるが、これは長年の課題だが、改善する点等は具体的に何か。
学校教育課長 防災教育や放射線教育で多くの事を体験するので、学校行事は含まれる。
さらに、多くの経験を積まないと理解できない部分もあるため、体験活動と総合的な学習の時間や学級活動、道徳がリンクできるような編成を考えている。
生涯学習課長 親子で参加する講座を、年間に2回実施してきたが、地道な取り組みにより進めたい。
太田職務代理者 教育環境の充実の中に『太陽光発電システムを導入』との記載があるが、具体的な計画はあるのか。
総務課長 中村第一中学校屋内運動場の屋根の改修に併せて設置を考えている。
森委員 第2章第2節の(1)に『少年センター補導員活動』に関する目標があるが、実際にこの活動に携わって感じたことだが、見回りしていて、1人の子供にも会う事がない日もあり、この活動に関わる1時間という時間をもっと有効に使えないものかと考えている。
この活動の活発化に関して、何か改善する考えはあるか。
生涯学習課長 日誌等を確認し、ご指摘の事は気になっていた。他の団体と連携することも模索したが、個人情報の面でも難しい点が多い。
時間帯の問題もあるため、下校時刻に合わせることも検討したい。
宗形委員長 これまでに発言のあった箇所についての文言を整理することを条件に、議案第2号について、原案のとおり決定することにご異議ないか。
小畑委員 今ここで出された質問等は、この重点目標の中にどの様な形で含まれているのかを確認したものなので、前年の目標から削除された項目を加えるか、そのままとするかを確認すれば良いのではないか。
宗形委員長 原文についてはそのまま採用することとし、削除されたNPO法人、地域の伝統文化や芸能に関する点を加えるかどうかお諮りします。
生涯学習課長 『文化団体のNPO法人の育成に努めます。』という項目を加える。
森委員から提言のあった少年センターに関して、『非行防止活動』を『登下校時の』等の文言に見直し、有意義な活動ができるよう検討します。
中央公民館長 『地域の伝統文化や芸能』の項目を加える事にする。
宗形委員長 今発言のあった点だけを修正し、原案のとおり決定する。


日程第7 当面する教育行政の課題


日程第8 各課館の報告事項


日程第9 その他


日程第10 閉会

ホーム > 教育委員会 > 定例会会議の概要 > 平成27年第2回