お問い合わせ

相馬市教育委員会

  • 〒976-8601
  • 相馬市中村字北町63-3
  • 電話0244-37-2183
  • ファクス0244-37-2617

 

平成26年第15回相馬市教育委員会11月定例会会議録

1 開催日時

平成26年11月4日(火)
開会 午後1時40分
閉会 午後3時32分


2 開催場所

相馬市役所 5階 第4委員会室


3 出席した委員

委員長 宗形明子
職務代理者 太田孝泰
1番委員 小畑強子
5番委員 森陽子
教育長 堀川利夫


4 欠席委員 6番委員 松本光典


5 出席職員

教育部長 臺内吉重
生涯学習部長 渡部卓
総務課長 阿部和夫
学校教育課長 村田権一
図書館長 根本賢
中央公民館長兼市民会館長 岡本孝
学校教育課主幹 渡邉義人
生涯学習課主幹 太田昌彦
総務課庶務係長 小関善之


6 傍聴人 なし


7 付議事件
別添関係資料のとおり


7付議案件
平成26年第15回相馬市教育委員会11月定例会日程

第1 開会

第2 会期及び日程の決定

第3 会議録署名委員の決定

第4 前回会議録の確認
1 平成26年第14回10月定例会会議録について

第5 報告事項
1 平成26年度福島県都市教育長協議会役員会並びに研修会について
2 平成26年福島県浜ブロック市町村教育委員会委員研修会について
3 平成26年度第2回東北都市教育長協議会役員会・情報交換会について  
4 『子ども子育て支援会議』について
5 『愛育園のあり方』検討会について

第6 議題
1 議案第45号 平成26年度教育費12月補正予算要求について
2 議案第46号 相馬市公立学校児童生徒に対する遠距離通学費補助金交付要綱の制定について
3 議案第47号 相馬市立小・中学校の児童生徒に係る出席停止の命令手続きに関する要綱の制定について

第7 当面する教育行政の課題
1 現地調査 ※定例会終了後

第8 各課館の報告事項
1 総務課
(1)入札会の結果について
(2)11月の教育委員会関係行事予定について 
2 学校教育課
(1)10月学校の様子について
3 生涯学習課
(1)第1回市町村対抗福島県ソフトボール大会について
(2)第11回相馬市総合美術展覧会(幼稚園・児童生徒作品展)の開催について
(3)第26回市町村対抗福島県縦断駅伝競走大会の開催について
(4)第3回相馬市震災復興子ども駅伝競走大会の開催について
(5)共催・後援について
4 図書館
(1)第2回 相馬市図書館協議会の開催について
(2)読書週間(10/27〜11/29)ブックラリーの開催について

第9 その他

第10 閉会


8 議事の経過

日程第1 開会


日程第2 会期及び日程の決定
(本日1日とし、別紙日程のとおり決定)


日程第3 会議録署名委員の決定
宗形委員長 次に、会議録署名委員の決定を行います。
(2番太田職務代理者、5番森委員)


日程第4 前回会議録の確認
(一部訂正し承認)


日程第5 報告事項
(承認)


日程第6 議事
1 議案第45号
(原案のとおり決定)

2 議案第46号
(原案のとおり決定)

3 議案第47号
(原案のとおり決定)

【質疑事項】
宗形委員長 具体的に出席停止となる事例はどの様な事案か。また、児童生徒や親の意見はどの程度受け入れてもらえるのか。
学校教育課主幹 具体的な出席停止の要件は、学校教育法第35条第1項並びに相馬市立小・中学校管理規則第24条第1項に掲げている次の行為となります。
第1号 他の児童生徒に傷害、心身の苦痛又は財産上の損失を与える行為
第2号 職員に傷害又は心身の苦痛を与える行為
第3号 施設又は設備を損壊する行為
第4号 授業その他の教育活動の実施を妨げる行為
2つ目の質問、保護者や生徒の意見はどの位受け入れてもらえるかについては、まず保護者に理解を得ることを第一に考えておりますが、学校長の意見や子供の状況を把握した上で判断していく。
宗形委員長 生徒の意見が、出席停止を受け入れず、『学校に行きたい。』と主張した場合はどうか。
学校教育課主幹 基本的に、この出席停止手続きに上がってくる児童生徒は、日ごろの生徒指導に従わないことに起因するので、児童生徒が反省する態度等を見て決定する。
宗形職務代理者 今、この時期に制定しなければならない事案があっての提案か。それとも、将来に備えての制定か。
学校教育課主幹 この要綱は将来に備えての制定で、今までの不備を整理するためのものです。
太田職務代理者 この手続きを運用する事は悲しい事だが、全国で出席停止命令を受けた生徒が、どの様な立ち直りをしたか、またその後の様子の資料はあるか。
学校教育課主幹 公表されていないため把握していない。
小畑委員 緊急を要するため、保護者からも意見がない場合は、出席停止が決定されることは、手続きとしては、何処の自治体においても、そのようなものなのか。 
教育長 保護観察の立場から見た意見を聴きたい。
小畑委員 鑑別所に行ったことで反省する子どももいるので、出席停止の効果は大きいと思うが、安易に運用されない事を願う。
学校教育課長 この手続きの目的は2つあり、一つは被害者を守る事。二つ目に改心の機会を与える事であります。
この出席停止の期間は、関係機関が連携して環境を改善するための期間と受け止めていただきたい。


日程第7 当面する教育行政の課題


日程第8 各課館の報告事項


日程第9 その他


日程第10 閉会


(現地調査 開始:午後3時55分〜終了:午後4時21分)
復興交流支援センター
光陽ソフトボール場
相馬こどもドーム

ホーム > 教育委員会 > 定例会会議の概要 > 平成26年第15回