お問い合わせ

相馬市教育委員会

  • 〒976-8601
  • 相馬市中村字北町63-3
  • 電話0244-37-2183
  • ファクス0244-37-2617

 

平成24年第5回相馬市教育委員会4月定例会会議録

1 開催日時

平成24年4月3日(火)
開会 午後1時30分
閉会 午後3時50分


2 開催場所

相馬市役所5階第4委員会室


3 出席した委員

委員長  小畑強子
職務代理者  倉本まり子
2番委員  太田孝泰
3番委員  宗形明子
6番委員  松本光典
教育長  山田耕一郎


4 欠席委員  なし


5 出席職員

教育部長  臺内吉重
生涯学習部長  渡部卓
総務課長  阿部和夫
学校教育課長  島義一
生涯学習課長  坂本郁雄
図書館長  根本賢
中央公民館長兼市民会館館長  岡本孝
学校教育課主幹  村田権一
総務課課長補佐  志賀謙寿


6 傍聴人  なし


7 付議事件

別添関係資料のとおり


8 議事の経過

日程第1 開会


日程第2 会期及び日程の決定
(本日一日、別紙日程のとおりに決定)


日程第3 会議録署名委員の決定
(2番太田委員、3番宗形委員)


日程第4 前回会議録の確認
(承認)


日程第5 報告事項
(承認)


日程第6 議事

1〜3 議案第19号、議案第20号、議案第21号(一括提案)
(原案のとおり決定)

○[質疑事項]
宗形委員 21ページ、現行の第5条管理係の6が削除されている理由を教えてください。

総務課長 改正後の第4条スポーツ振興係の10に統合したためです。

宗形委員 この条文には、どのようなことが関わってくるのですか。

生涯学習部長 同規則を改正するために、現行の第5条管理係の6の内容について、調べましたが、特にこれというものがなかったために、今回のような改正を行いました。

松本委員 21ページ、改正後4のスポーツ傷害保険は、部活動は対象になるのでしょうか。

生涯学習課 このスポーツ傷害保険については、学校の範囲から離れたスポーツ少年団活動等が対象で、部活動は対象になっておりません。

学校教育課 部活動等の学校管理下におけるものは、振興センターの保険が対象となっております。


4 議案第22号
(原案のとおり決定)

○[質疑事項]
宗形委員 学力向上推進会議は、各学校で行われるのか、それとも全体で行われるのですか。

学校教育課長 この会議は、年4回、この推進委員によって開催しております。具体的な中身は、相馬市で継続して実施しているNRTの分析や、中学校学区ごとに集まりまして、そこでの授業公開や公開を通して小中の連携のあり方について協議を行っております。また、教科部会等で、NRTの分析に基づいた課題解決に向けての協議も行われています。推進会議の具体的な成果として、平成21年度に「相馬市立小中学校学力向上推進の成果と課題」としてまとめ、次年度に指導等に活かしております。

宗形委員 教育委員会の中で、各種委員の任命や委嘱を行っていますが、任命と委嘱の違いについて、教えてください。もう一点、教育委員会で任命や委嘱をしている各種委員は、何人位いて、その方々の任期はどの位あるのか教えてください。

小畑委員長 これより、休議といたします。

  <休議 15分>

小畑委員長 議事を再開いたします。事務局より説明願います。

教育部長 委嘱と任命の違いについて、意味上の違いはありませんが、委嘱とは、審議会などで民間人やその行政機関に属さない公務員に対して使用し、任命とは、その行政機関内部の職員を命ずる場合に使用するものです。

総務課長 教育委員会が委嘱や任命をしている委員については、その数はつかんでおりませんが、どのような審議会等があるか一覧でお知らせすることは出来ると思います。


5 議案第23号
(原案のとおり決定)


6 議案第24号
(原案のとおり決定)

○[質疑事項]
小畑委員長 前要綱で「教育委員会が定める」としていたところが、「教育長が定める」と変えたことで、不都合な点もしくは便利な点がありますか。

学校教育課長 教育長が定めるとしたことで、震災後の様々なケースに対応し、就学援助に係る支給を早くすることができます。

宗形委員 震災により、前年度と今年度の対象者は、どのように推移しているのでしょうか。

学校教育課長 平成23年度のデータしか持ち合わせていませんが、小学校では、申請者368名中、認定者が350名、中学校では、申請者297名中、認定者が274名となっています。そのうち、震災による困窮が原因の者は、小学校で175名、中学校で119名となっています。この部分が増えた分として考えてよいと思います。

教育長 補足をいたしますと、申請者は、ほとんど認定されております。それだけ大変な状況にある保護者や児童生徒がいるということを付け加えておきたいと思います。

倉本職務代理者 支給対象経費は、現金で支払われるのでしょうか。そして、それは、給食費や校外活動費等にしか使用できないといったような縛りはあるのでしょうか。

学校教育課長 要綱の支給対象経費として、金額を算定し振込で支給しています。学校では、保護者から対象経費として使用するといった承諾書を取ったりしているようですが、現実的に、保護者がその経費として使用するかどうかの問題となると思います。

小畑委員長 以前、要保護と準要保護によって、支払いの方法が違うと聞いたことがあるのですが、どのようになっているのですか。

学校教育課長 要保護は、生活保護受給者となりますので、社会福祉課で支払っております。

太田委員 私が学校に勤務していたときには、生活保護費は、社会福祉課の窓口で現金で支払われており、窓口で給食費分をいただいたことがありました。準要保護の経費は、全部口座振り込みとなっていましたが、給食費の支払いについては、保護者から校長が委任され支払うような形でなっており、準要保護家庭からの未納はありませんでした。

松本委員 私が知っている範囲でも、準要保護家庭から給食費がもらえなかったということはありませんでした。

宗形委員 この予算は、どこからくるのでしょうか。

学校教育課長 市の予算からになりますが、国の補助も含まれております。

宗形委員 予算項目は、何になるのでしょうか。

学校教育課長 扶助費になります。


7〜9 議案第25号、議案第26号、議案第27号(一括提案)
(原案のとおり決定)


10 議案第28号
(原案のとおり決定)


日程第7 各課館の報告事項


日程第8 その他


日程第9 閉会

ホーム > 教育委員会 > 定例会会議の概要 > 平成24年第5回