広報そうまウェブ 相談

 

冬の防犯パトロール 西部地区防犯協会

Update  2017-12-19 

西部地区防犯協会は12月13日、「冬の防犯パトロール」を行い、街頭などで防犯を呼びかけました。

西部地区防犯協会は、中村西部1区から12区の居住者で構成され、犯罪のない明るい社会づくりを目的に青少年の非行防止や防犯活動を行っています。

参加者は西部地区防犯協会役員16名、相馬警察署員2名の合計18名で3グループに分かれてパトロールを実施。
街頭のほか、商店や事業所などを訪問して反射材付のトートバッグと、なりすまし詐欺注意のチラシを配り、防犯を呼びかけました。


前のページへ戻る

ホーム > 広報そうまウェブ > 相談一覧 > 相談