広報そうまウェブ 相談

 

地場産品に愛着を 磯部水産加工施設などを見学

Update  2017-11-01 

磯部水産加工施設と相馬総合卸売市場の施設見学会は10月29日行われ、市内の小中学校の保護者ら14人が参加しました。

施設見学会は、施設見学を通して市の漁業や農業における放射能検査体制の取り組みを把握してもらい地場産品が安全で安心であるということの理解を得ること、また、市内小中学校の給食に地場産品を取り入れることで地元のものを食べて、子どもたちに地域への愛着心を持って欲しいということを目的に行われました。

市教育委員会の主催。

磯部水産加工施設では、渡部祐次郎相馬双葉協同組合参事から施設の紹介、試験操業の状況、魚介類が水揚げ後に放射能検査を受け安全性が確認されてから市場に流通するまでの流れなどが説明されました。

参加者らは、いくつか質問したりメモをとるなど熱心に説明を受けていました。

水産加工施設の見学後、相馬総合卸売市場に向かい野菜などの検査体制を見学しました。

この施設見学会をとおして市の取り組みを理解いただき、地場産品が少しでも多く市民の方においしく食べていただけることが期待されます。


前のページへ戻る

ホーム > 広報そうまウェブ > 相談一覧 > 相談