広報そうまウェブ 相談

 

新たな郵便局の設置に向け 要望書を提出

Update  2017-10-30 

10月19日、中村中部・東部地区の行政区長らが市役所を訪れ、立谷市長に「相馬市中村中部地区への郵便局の設置について」の要望書を提出しました。

この要望には、北飯渕、沖ノ内、本笑、和田、新沼、尾浜地区などの住民3,149名が署名しています。

要望書を提出した行政区長が「県道相馬新地線(旧国道6号)から東側の地域には郵便局がなく不便であること」、「東日本大震災後、刈敷田や尾浜地区に住宅再建が進み人口が増えていること」などの理由から郵便局新設への強い要望があることを説明し、立谷市長が「地域の利便性向上のため、関係機関に強く働きかけたい」と答えました。

この要望を受け10月26日、立谷市長は宮城県仙台市の日本郵便株式会社東北支社を訪問し、「相馬市中村中部地区への郵便局の設置について」の要望書を提出しました。

立谷市長は、多くの住民から強い要望があること、新たな街づくりが進んでいる地域であることを説明し、日本郵便株式会社に郵便局の新設を強く要望しました。


前のページへ戻る

ホーム > 広報そうまウェブ > 相談一覧 > 相談