報徳仕法(ほうとくしほう)
「相馬市民憲章(そうましみんけんしょう)」のなかに、『報徳の訓(おし)えに心をはげまし、うまずたゆまず豊かな相馬をきずこう。』という言葉があります。
この報徳の訓えとは、江戸時代後期、相馬中村藩が天明(てんめい)・天保(てんぽう)のききん後の藩復興(はんふっこう)のため採用(さいよう)した興国安民(こうこくあんみん)の法(報徳仕法=御仕法)の訓(おし)えのことです。
どんな内容なのか見ていきましょう。

 

ききんの被害

中村藩は、元禄(げんろく)・正徳(しょうとく)・享保(きょうほう)の時には最高17万5千俵余の米の収納(しゅうのう) があり、人口も約9万人に達しましたが、天明の飢饉(ききん)後は、2万40俵、約3万6千人に激減(げきげん)しました。このため、藩では天明4年(1784)に幕府から5千両を借り入れ養育料(よういくりょう)の支給(しきゅう)したり、北陸方面から移民(いみん)を迎え入れたりして回復に努めましたが、借金は30万両を越えてしまいました。
こうしたことから、文化14年(1817)より厳しい倹約令(けんやくれい)(いわゆる「文化の御厳法」)を出し、6万石の格式を1万石に切り詰めるなどの政策も実施しました。その後天保4年(1833)に大きな飢饉がおこり、餓死者(がししゃ)こそ出しませんでしたが、藩財政(はんざいせい)は底をつき、厳法をさらに10年延長せざるをえない状況でした。そして弘化2年(1845)に「興国安民法」(御仕法)を取り入れることになったのです。

 

御仕法の様子

御仕法は、藩主(はんしゅ)相馬充胤(そうまみちたね)の理解のもと、藩の一大事業として積極的(せっきょくてき)に推(すす)められました。また、二宮尊徳自身は相馬の地を訪れることはありませんでしたが、中村藩士で二宮尊徳の弟子(でし)であった富田高慶(とみたこうけい) が、二宮尊徳の代理として指導にあたりました。

御仕法は、さまざまな基礎調査(きそちょうさ)を行い、村の状況、村民の生活の様子を明らかにし、村の過去何年かの税額平均値(ぜいがくへいきんち)から分度(ぶんど)を定め、弘化2年(1845)12月に城下に近い成田村(1日)、坪田村(4日)で始まりました。
成田村では、代官助役高野丹吾宅に村人一同が集まり、郡代野坂源太夫と宇多郷代官志賀乾が御仕法について説明をし、富田高慶が御仕法開始の経過と内容を説明しました。そして、まずはじめに村内善行者表彰(そんないぜんこうしゃひょうしょう)の投票を行いました。

※分度…「分限度合」の意味。経済面での自分の実力を知り、それに応じて生活の限度を定めること。

そのほかつぎのような事業が行われました。
 投票によって善行者を表彰し、褒美としてお金、鍬(くわ)、鎌(かま)などを与える
 投票によって屋根替(やねか)えをしてやる
 投票によって村の模範(もはん)になる人には家をつくって与える
 孝子節婦の表彰
 困窮者(こんきゅうしゃ)への夫食米(ふしょくまい)を与える
 無利息年賦金(むりそくねんぷきん)の貸付け
 新百姓取立ての助成(百姓の二男建て・入百姓)
 荒れ地の開墾(かいこん)を奨励(しょうれい)する
 堤(つつみ)・用水堀(ようすいほり)・掛入堀などの新築・修理
 植林(しょくりん)の奨励
 橋や道路の普請(ふしん)など

これらの事業により、農民の労働意欲(ろうどういよく)は高まり生産力をあげ、早い村は数年で復旧(ふっきゅう)しました。復旧ができた村を「仕上げ村」といい、農民の借金を返させ、日課縄ないの積立金を倍額にして返し、新たに凶作時の備えをして、仕法を別の村に移していきました。

こうして御仕法は、弘化2年から明治4年(1872)の廃止までの27年間、藩領内226か村のうち101か村で施行し、うち55か村は完了、46か村は途中で打ち切られました。

 

現代にも生きる御仕法の訓え

御仕法の原理は、至誠(しせい)・勤労(きんろう)・分度(ぶんど)・推譲(すいじょう)を中心思想として、経済の復興と安定、そして民情(みんじょう)を豊かにするというもので、その精神は市民憲章にもうたわれ、今なお市民の心の支えとして生きています
また、中村城跡(なかむらじょうあと)や市中央公民館前には「二宮尊徳像」があり、尊徳が身近な存在となっています。
さらに、愛宕(相馬市西山)の尊徳墓や尊徳の供養(くよう)のため建てられた「地蔵堂」周辺は、常に地域のひとたちの手で清掃されています。

※至誠…こよなく誠実なこと
※勤労…心身を働かせて仕事に励むこと
※推譲…後世へ譲り渡すこと

 

 


Copyright(c) 2008 Soma City Office. All rights reserved.
当ホームページ上のすべての文章や画像などの無断転載・引用はご遠慮ください。
Internet Explorer 4.0 以上または Netscape Navigator 4.0 以上でご覧ください。