相馬市のシンボル

相馬市の花って知ってる?
相馬市の歌を歌ったことある?
いつできたのかな?
だれがつくったのかな?

 

相馬市の市章(ししょう)

相馬市の市章は昭和37年12月28日に制定されました。
市章は相馬の「そ」の字を図案化したものです。相馬港を中心とした臨海工業(りんかいこうぎょう)の振興(しんこう)と発展(はってん)を期待し、近代産業都市への意欲的な希望をかたどったものです。

 

相馬市の花、木、鳥

相馬市の花、木、鳥は相馬市ができて22周年になることを記念して、昭和51年3月31日に制定されました。
一人ひとりの市民の心のむすびつき強め、より明るくゆたかな相馬市にする願いがこめられています。

相馬市の花

春 さくら

ぱっと咲いてぱっと散る花。
清らかさを感じさせる。

 

夏 はまなす

太平洋に自然に生える花。
相馬より南の地域では咲かない。

 

秋 ききょう

上品で人から好かれる花。

 

冬 さざんか

冬の代表的な花。

相馬市の木

くろまつ

おもむきのある木で人から好かれる。
相馬市の海岸沿いにはたくさん植えられている。

相馬市の鳥

うぐいす

鳴き声の良い鳥。
その鳴き声からは山の自然のめぐみを感じる


相馬市民の歌

相馬市民の歌は昭和42年4月6日に制定されました。



作詞 荒  明
補作 相馬市民の歌審査特別委員会
作曲 古関裕而

1 あぶくまの 山なみ遠く 宇多川の 恵みゆたかに
   はぐくんだ 歴史をいまに わがまち 相馬 希望ひろがる

2 みちのくの まつり野馬追 うたいつぐ ふるさとのうた
   人みなの こころ明るく わがまち相馬 若さあふれる

3 松川の 潮風光り 空のあお 港にみちて
   つち音の力みなぎる わがまち相馬 大きく夢ひらく

 

 


Copyright(c) 2008 Soma City Office. All rights reserved.
当ホームページ上のすべての文章や画像などの無断転載・引用はご遠慮ください。
Internet Explorer 4.0 以上または Netscape Navigator 4.0 以上でご覧ください。