監査委員

監査委員の役割

監査委員は、市の財務事務や経営に係る事業の管理が、適正に行われているか、また、能率よく行われているか、更に、その組織や運営の合理化に努めているかについて監査を行い、その結果を公表します。

監査委員の選任

監査委員は、人格が高潔で、財務管理、事業の経営管理その他行政運営に関し優れた識見を有する者及び市議会議員のうちから、市長が議会の同意を得て選任します。

本市の場合、定数は2人で、任期は4年(市議会議員から選任される監査委員は議員の任期まで)です。本市の監査委員は、次のとおりです。

識見委員

江井利夫 平成22年6月1日就任

議選委員

玉良一 平成27年11月30日就任


前のページに戻る

ホーム > 監査の概要