観光スポット

 

中村城址

中村城跡 赤橋

慶長16年(1611)17代藩主相馬利胤が居城にして以来、中村城は、六万石の城として260年間続きました。平山城で馬陵城ともいわれています。

天守閣は寛文10年(1670)に落雷で焼失しましたが、大手門と石垣、水堀、土塁などが残っています。

また、城址には中村神社や相馬氏の祖師常を祭る相馬神社、赤橋・黒橋、樹齢数百年を数える藤棚があります。


前のページへ戻る

ホーム > 観光のご案内 > 観光スポット > 中村城址