お問い合わせ

放射能対策室

  • 〒976-8601
  • 相馬市中村字北町63-3
  • 電話0244-37-2270
  • ファクス0244-35-1760

農林水産物に含まれる放射性物質の測定

市では、平成24年12月よりご家庭で栽培された野菜や、農林水産物などの食品を安心して自家消費できるよう判断の参考にしていただくため、放射性物質濃度を測定しています。

測定結果は、ご家庭での消費のために参考とするものなので、出荷・販売等の目安となるものではなく、出荷・販売目的の測定は行っておりません。

申し込みは、各測定所に電話で測定日時の予約をとり、測定する食品を予約した日時に測定所にお持込ください。なお、正しく測定するためには、測定容器にできる限り食品を入れる必要がありますので、測定する食品は切り刻んだ状態でお持込ください。
値ではありません。

測定を行っている施設はこちら >>

また、市では、平成27年2月25日より、食品を切り刻まなくても測定できる測定機を導入いたしました。今までの測定器に比べて食品を刻む手間がなく、測定した食品を食べることができます。ただし、測定に持ち込む際には皮などの食べられない部分を取り除く必要があります。

検査結果

□ 測定結果はこちら >>

(注1 放射性物質測定器は、キャピンテック社製CAPTUS3000、日立アロカ製CAN‐OSP‐NAI、テクノエーピー社製TS150B、アトムテックス社製AT1320A、アドヒューテック社製AFT‐NDA2を使用しております。

(注2 機種や農産物によって測定検出限界値が異なります。測定限界値未満の検体は、「ND(Not Detected=不検出)と表示されています。なお、検出限界値とは、化学分析の用語で、「検査機器で検出できる最小の値」を言います。検出限界値未満の数値は、検査場所の温度・湿度の変化、検査日の天候、加工の方法など様々な要因によって増減します。

(注3 厚生労働省は平成24年4月1日より、一般食品に含まれるセシウムについて、これまで原発事故以降に設定されていた暫定規制値500ベクレル/kgから、新基準値100ベクレル/kgとしました。

参考: 放射性セシウムの新基準値(単位:ベクレル/kg)

食品群 基準値
飲料水
10
牛乳
50
乳児用食品
50
一般食品
100

学校給食放射能測定結果

市内の小中学校で、給食に含まれる放射能を測定しています。

詳細はこちら >>