相馬野馬追

起源と沿革

行事内容

相馬野馬追

国の重要無形民俗文化財の相馬野馬追は、むかし平将門が原野に放してあった野馬を捕らえる軍事訓練と捕らえた馬を神前に奉納したことに由来します。

毎年7月23日から25日にかけて、中村城跡内の相馬中村神社で行われる総大将の出陣式を皮切りに、甲冑に身を包んだ騎馬武者が戦国時代絵巻を繰りひろげます。