相馬のできごと

縄文から平安時代

鎌倉から室町時代

安土桃山から江戸時代

明治から昭和時代

鎌倉から室町時代

時代 日本のできごと 相馬のできごと
鎌倉 源頼朝が鎌倉に幕府を開く(1192) 宇多郡(現相馬市)を亘理氏が支配と推定
元が2度せめてくる(1274、1281)  
  相馬重胤が行方郡太田村別所館に移り住む(1323)
  相馬重胤が小高に移る(1326)
  宇多郡(現相馬市)を北条氏が支配と推定
鎌倉幕府がほろびる(1333)  
室町   宇多郡(現相馬市)を白川結城氏が支配と推定
南北朝の動乱おこる 相馬光胤が小高城を築く(1336)
  北畠顕家が小高城を攻め落とす。相馬胤頼ら翌年奪い返してたてこもる
足利尊氏が京都に幕府を開く(1338)  
   
農村に自治がめばえる  
各地に大名が生まれる  
応仁の乱がおこる。戦国時代はじまる(1467)  
  相馬盛胤が標葉郡を支配する(1492)
鉄砲が伝わる(1543) 相馬顕胤が宇多郡を支配下におく(1543)
キリスト教が伝わる(1549)  
織田信長が室町幕府をほろぼす(1573)  

前へ次へ