御仕法の足跡

御仕法とは

導入と実際のようす

中村藩の御仕法の成果

御仕法の廃止と興復社

報徳の訓え

推進した主な人々

主な史跡

関係資料・参考文献

報徳の訓え

相馬市では、昭和51年3月31日に「相馬市民憲章」を制定しましたが、『報徳の訓えに心をはげまし、うまずたゆまず豊かな相馬をきずこう。』という文言がうたわれています。

また、中村城跡や市中央公民館前には「二宮尊徳像」があって、尊徳が身近な存在となっています。

さらに、愛宕(相馬市西山)の尊徳墓や尊徳の供養のため建てられた「地蔵堂」周辺は、常に老人クラブのひとたちの手で清掃されています。