収蔵資料

歴史資料

相馬野馬追

御仕法

考  古

美術工芸

佐藤玄々遺作品

民俗資料

玄々詠和歌

(げんげんえいわか)

○時代 昭和

○年代 1945年(昭和20年

○大きさ 87cm×29cm

画像拡大表示

北南わかたぬまてに霧こめて
みたまの山に入日かがよう
  昭和20年晩夏より秋 山津見神社に居
  霊山を拝して    清蔵拝

昭和20年5月に、馬込のアトリエと自宅が空襲を受け全焼した。そこで玄々は6月に山津見神社(現福島県飯舘村)に疎開した。その頃に詠んだもの。その年の10月頃、山津見神社を出て相馬市内の松川浦近くに移り住んだ。後に、松田 一氏(玄々研究家)に贈ったものである。