収蔵資料

歴史資料

相馬野馬追

御仕法

考  古

美術工芸

佐藤玄々遺作品

民俗資料

玄々和歌(妻みちの宛て)

げんげんわか(つまみちのあて)

○時代 昭和

○年代 1947年(昭和22年)

○大きさ 18cm×31cm

画像拡大表示

奈良に来て  三笠の山に むかてみれば
  青きみ空とびまひ (おれり) ゐたり     みちのへ

前出の石井鶴三と出会った奈良から、妻みちのへあてたもの。
みちの夫人は岩手県平泉の毛越寺の住職になる資格を持つ家柄の出であり、日本女子大卒の才媛であった。玄々を陰ながら支えた。