収蔵資料

歴史資料

相馬野馬追

御仕法

考  古

美術工芸

佐藤玄々遺作品

民俗資料

報徳記の原本

ほうとくきのげんぽん

○時代 江戸

○年代 1856(安政3)年

○大きさ たて23.5p、よこ16p

画像拡大表示

『報徳記』は二宮尊徳の高弟で相馬中村藩士の富田高慶(文化11〜明治23《1814年〜1890年》)が著した尊徳の伝記です。1856年(安政3)10月の尊徳死後に書き上げ、11月2日に成稿、のち8巻に編成しました。1880(明治13)年に天覧に供され、1883(明治16)年宮内省、1885年(明治18)農商務省、ついで大日本農会から出版され広く読まれました。原本は、和綴の装丁で、二宮尊徳の伝記でもっとも古いものといわれています。