文化財ガイド

国指定文化財

県指定文化財

市指定文化財

文化財ガイド

文化財は、「長い歴史の中で生まれ、育まれ、今日の世代に守り伝えられてきた貴重な市民の財産」です。たとえば、神社や寺、仏像、絵画、祭り、遺跡、貴重な動物や植物などが含まれ、いろいろな種類があります。
これらの文化財を未来へ守り伝え、相馬の伝統的な文化を発展させていくのは、市民のみなさんです。

市の文化財

国指定文化財 >>

県指定文化財 >>

市指定文化財 >>

文化財の種類・指定・選定

文化財保護法では、文化財を「有形文化財」、「無形文化財」、「民俗文化財」、「記念物」に分け、重要なものを重要文化財、史跡名勝天然記念物等として国および県、市が指定選定し重点的な保護の対象としています。また、無形文化財、無形民俗文化財では、指定のほかに記録作成などを行い、その記録の作成に努めています。このほか、土地に埋蔵されている文化財(埋蔵文化財)も保護の対象とされています。

文化財の指定・選定および登録は、文化庁長官および県・市の教育委員会が文化財保護審議会に諮問し、その答申を受けて行うことになっています。その体系は次の「文化財の体系図」のとおりです。この文化財の指定等件数は、時代の変遷や新発見、学術的な調査研究の進展等に応じて、着実に増加しています。

国が指定等した文化財については、その種類に応じて、現状変更等に一定の制限が課される一方、修理等に対する補助を行うなど、保存および活用のため必要な各種の措置を講じています。

文化財の体系図

有形文化財 建造物
美術工芸品(絵画、彫刻、工芸品、書跡、古文書、歴史資料)
無形文化財 演劇、音楽、工芸技術等
民俗文化財 有形民俗文化財
(無形民俗文化財に用いられる衣服、器具、家屋など)
無形民俗文化財
(衣食住・信仰・年中行事などに関する風俗習慣、民俗芸能)
記 念 物 史跡(貝塚、古墳、城跡、旧宅など)
名勝(庭園、峡谷、海浜、山岳など)
天然記念物(動物、植物、地質鉱物)
埋蔵文化財 土地に埋蔵されている文化財