文化財ガイド

国指定文化財

県指定文化財

市指定文化財

鹿島神社のモチの木

かしまじんじゃのもちのき

推定樹齢300年。モチノキ(黐の木)は、モチノキ科の常緑高木で、本州、四国、九州、沖縄、台湾、中国に分布しています。樹皮からとりもちをとるのでモチノキの名前が付けられています。庭木に多く用いられています。

この木にまつわる伝承は、藤橋紀伊守平胤泰嫡子が病におかされたとき、鹿島神社に祈願してたちまち完治しました。そこで本社鹿島宮に代参し、礼代として、この神社にはモチノキを植樹したと伝えられています。

○指定の区別 市 天然記念物

○所有者/管理者 鹿島神社

○所在地 相馬市石上字鹿島前45

○指定年月日  昭和63年5月13日