文化財ガイド

国指定文化財

県指定文化財

市指定文化財

八幡神社の夫婦スギ

はちまんじんじゃのめおとすぎ

すぎ科。常緑針葉高木。推定樹齢800年。高さ約30m。

建武年間(1334〜1337)、宇多庄の守護白川道忠(結城宗広)が賊と戦い、軍功があり八幡宮を建立した時、すでにこのスギがあったと伝えられています。随身門を通り抜けるとすぐ両側に直径約2mのスギが一本づつ、対をなしており、相馬中村神社の親子スギにならい八幡神社の夫婦スギと呼ばれています。

平成14年10月の台風21号により写真の向かって右側のスギが風倒する被害がありました。

○指定の区別 市 天然記念物

○所有者/管理者 八幡神社

○所在地 相馬市坪田字涼ケ岡51

○指定年月日  昭和59年3月2日