文化財ガイド

国指定文化財

県指定文化財

市指定文化財

長命寺の大ツツジ

ちょうめいじのおおつつじ

推定樹齢約300年。このツツジ(躑躅)は1871年(明治4)4月20日に植樹したと伝えられています。種名は、しゃくなげ科の琉球ツツジ。

ツツジは、日本にもっとも多く産し、植栽されて広く観賞されています。庭園にも古くからさまざまなツツジが植えられ、江戸時代の元禄期(1688〜1704)にはすでに300〜400以上の園芸種が記録されています。現在植栽されている主流は、キリシマ、ムラサキリュウキュウなどです。

5月中旬頃、満開(色は薄桃色)となります。一般に琉球ツツジは長命ですが、1株でこれだけ大きいものは全国的にも珍しいといわれています。

○指定の区別 市 天然記念物

○所有者/管理者 長命寺

○所在地 相馬市岩子字大迫287

○指定年月日  昭和56年3月5日