文化財ガイド

国指定文化財

県指定文化財

市指定文化財

中村城跡のフジ

なかむらじょうあとのふじ

推定樹齢約500年。フジ(藤)はマメ科のつる性落葉木本で、本州、四国、九州の山野に広く自生しています。花を観賞するために棚づくりや盆栽とされています。太いものは胸高直径40cmに達し、右巻きに他のものへ巻きつきます。

このフジは、本丸跡にあり、花の見ごろは5月下旬頃で、第19代相馬忠胤が植えたと伝えられています。

○指定の区別 市 天然記念物

○所有者/管理者 相馬神社

○所在地 相馬市中村字北町101

○指定年月日  昭和54年7月3日