文化財ガイド

国指定文化財

県指定文化財

市指定文化財

中村神社の親子スギ

なかむらじんじゃのおやこすぎ

推定樹齢600年。すぎ科の常緑針葉高木。日本におけるすぎの分布は、青森県を北限とし、本州、四国、九州の各地に広く分布し、屋久島が南限です。

スギは、古い時代から植林されていたので、厳密な意味の自生地ははっきりしません。また、スギに関する伝説・信仰は広くあり、その形状が特に人目につきやすく、自然条件に合い樹齢も長いので、樹木に神霊が降り宿る信仰を生じ、神木として発展しました。

このスギは、相馬氏以前の有力者が植えたとも伝えられています。現在、相馬中村神社の御神木となり信仰を集めています。

○指定の区別 市 天然記念物

○所有者/管理者 相馬中村神社

○所在地 相馬市中村字北町140

○指定年月日  昭和53年9月11日