文化財ガイド

国指定文化財

県指定文化財

市指定文化財

旧陸前浜街道松並木

きゅうりくぜんはまかいどうまつなみき

徳川家康が征夷大将軍となった翌1604年(慶長9)、秀忠に命じ、東海道などの主要街道に奉行を派遣し、一里塚を築き、街道両側に松を植えさせました。

中村藩領街道の一里塚もこの年築かれました。また、1634年(寛永11)には南境の熊駅より北仙台領境までの街道の両側に、松を植え浜街道を整備しました。第6号国道=陸前浜街道は、明治以来数度の改修や路線変更を経て現在に至っています。

江戸時代の街道の名残である松並木が、相馬市日下石字北山、高根沢、下高根沢の県道日下石新沼線沿い約0.75キロメートルに及び、相馬市赤木字鬼越地内にも残っています。

○指定の区別 市 天然記念物

○所有者/管理者 福島県・相馬市

○所在地 相馬市日下石字北山、高根沢、下高根沢及び赤木字鬼越地内

○指定年月日  昭和48年11月17日