文化財ガイド

国指定文化財

県指定文化財

市指定文化財

絹本著色涅槃図

けんぽんちゃくしょくねはんず

製作年代は、室町時代と考えられています。涅槃図の図柄は、釈迦如来の涅槃、すなわち入滅(にゅうめつ=死)の情景を表しています。

中央には沙羅双樹(さらそうじゅ)の下で頭を北に向け右脇にして牀座(しょうざ)に横たわる釈迦を、その周囲には嘆き悲しむ諸菩薩や仏弟子、下方には俗衆、その下に動物たち、釈迦の頭の上方の沙羅双樹の一樹には、釈迦の生前使用した錫杖と、赤い布で包まれた鉢、左上方には、とう利天から急ぎ降ってくる生母の摩耶夫人(まやぶにん)を配し描かれています。

沙羅双樹は向かって左より右に葉の色があせ白くなり、釈迦の入滅の悲しみを表しています。

涅槃図は、毎年2月15日の釈迦入滅の忌日に行う涅槃会のとき掛けられ、釈迦の死をしのびます。

○指定の区別 市 有形文化財(絵画)

○所有者/管理者 相馬妙見歓喜寺

○所在地 見学不可

○指定年月日  平成12年3月23日