文化財ガイド

国指定文化財

県指定文化財

市指定文化財

八幡神社 末社亀齢社本殿

はちまんじんじゃ まっしゃきれいしゃほんでん

亀齢社本殿は、1695年(元禄8)に5代藩主相馬昌胤が八幡宮を再興した際に、相馬家18代義胤公を祀って剱社(つるぎしゃ)として建てられたものです。

亀齢社は、1795年(寛政7)に、8代藩主であった相馬恕胤(もろたね)の霊を祀ったものです。

相馬恕胤は吉田神道に熱心な人でした。吉田神道(唯一神道ともいう)とは、室町時代中期に京都の吉田神社神官吉田兼倶(よしだかねとも)が開いた神道の一流派です。儒教・仏教・道教・陰陽道などを融合した神道説として、後世に大きな影響を与えました。

もとは城下中野の熊野神社境内にあり、のちに八幡神社にある剱社(つるぎしゃ)と相殿にし、更に1888年(明治21)に剱社は相馬神社社地に移り、現在に至っています。

○指定の区別 国 重要文化財(建造物)

○所有者/管理者 八幡神社

○所在地 相馬市坪田字涼ケ岡51

○指定年月日  平成24年7月9日