文化財ガイド

国指定文化財

県指定文化財

市指定文化財

八幡神社 摂社若宮八幡宮本殿

はちまんじんじゃ せっしゃわかみやはちまんぐうほんでん

坪田八幡ともいわれています。祭神は、若宮・仁徳天皇、上甲良(かみこうら)・武内宿禰、下甲良(しもこうら) ・高良玉垂命の三柱となっています。

涼ケ岡八幡神社より古い神社といわれ、八幡神社創立に伴い摂社とされています。

その後、1695年(元禄8)に相馬昌胤が八幡宮を再興・造営したときに同時に再建されました。再建時から、若宮・上甲良・下甲良は一社になっていました。

本殿内陣に安置されている「宮殿(くうでん)三基」も国重要文化財に指定されています。

○指定の区別 国 重要文化財(建造物)

○所有者/管理者 八幡神社

○所在地 相馬市坪田字涼ケ岡51

○指定年月日  平成24年7月9日