文化財ガイド

国指定文化財

県指定文化財

市指定文化財

北野神社本殿

きたのじんじゃほんでん

北野神社本殿は、相馬中村神社境内にあり、天満宮とも呼ばれています。学問の神様である菅原道真(すがわらのみちざね)を祀っています。

桓武天皇の時代(781〜805)坂上田村麻呂(さかのうえのたむらまろ)が、中村に菅原敬実(すがわらたかざね)を置いて守らせたといい、そのとき、菅原敬実は、西舘(現在の中村城跡西二の丸)に氏神を祀ったという伝承があります。

また、『奥相志』には、「村上天皇の天暦元年(947)、祭神菅原道真公の霊を天満大自在威徳天神と号し、京都北野に鎮座。これ本祠となり。中村城は、昔は天神鎮座の山なり、ゆえに城中に神社があり、慶長16年(1611)円蔵山(現在の中村神社西側)に移す。延宝8年(1680)にはやしろを造り、妙見社地(現在の相馬中村神社)に遷座す。」と記されています。また、神社の造営はすべて藩主によって行われてきました。

○指定の区別 市 有形文化財(建造物)

○所有者/管理者 相馬中村神社

○所在地 相馬市中村字北町140

○指定年月日  平成4年5月26日