文化財ガイド

国指定文化財

県指定文化財

市指定文化財

丸塚古墳出土馬型埴輪ほか

まるつかこふんしゅつどうまがたはにわ

この馬型埴輪および円筒埴輪は、昭和36年4月、丸塚古墳(相馬市成田字船橋地内)から人物埴輪とともに出土したものです。この馬型埴輪、円筒埴輪は、造形などからみると5世紀後半頃のものと考えられます。

馬型埴輪は、全国的に5世紀代のものは非常に少なく、この埴輪は考古資料として価値が高いものです。形状は、体長100cm、体高95cm、胴周り120cmと大きく、三懸、五鈴の雲珠、鞍などの馬具をつけた立派なものです。

円筒埴輪の形状は大小さまざまで、部分的に復元されていますが、完全な形に復元されたものはありません。

○指定の区別 市 有形文化財(考古資料)

○所有者/管理者 相馬市教育委員会

○所在地 相馬市歴史民俗資料館

○指定年月日  昭和63年7月5日