文化財ガイド

国指定文化財

県指定文化財

市指定文化財

相馬神社のぼり

そうまじんじゃのぼり

「相馬神社」と書かれた社名ののぼりは1対で、山岡鉄舟(1836年・天保7〜1888年・明治21)の書です。

相馬神社竣工の前年1879年(明治12)6月に書かれたもので、日光と相馬にあるといわれています。山岡鉄舟は、江戸幕府の幕臣で、その後、明治天皇の侍従となりました。明治維新のときには単身で官軍の営所に乗り込み、西郷隆盛と会見して勝海舟との会談を取持ち江戸を戦火から救った人物です。

○指定の区別 市 有形文化財(書跡等)

○所有者/管理者 相馬神社

○所在地 相馬市中村字北町101

○指定年月日  昭和62年4月9日