文化財ガイド

国指定文化財

県指定文化財

市指定文化財

都玉神社関係資料

くにたまじんじゃかんけいしりょう

都玉神社関係資料は、相馬昌胤画像、相馬都胤画像、相馬因胤画像(2幅)、笛、卜部兼敬奉納和歌、相馬都胤遺品(4点)、相馬因胤遺品(1点)、相馬昌胤願書、公家奉納短冊和歌、ほき(穀物を盛る器)、玉(ぎょく) など12点が一括指定されています。

相馬昌胤は、江戸時代の元禄期に相馬の文化を発展させた藩主で、その子都胤は5歳で早死にしました。都玉神社には、昌胤・都胤に関係する遺品が多く残されています。また、昌胤は和歌の関係者とのつながりも広く、卜部兼敬や公家奉納の和歌が残されています。

それから、玉には、相馬都胤の遺髪を納めたと伝えられていますが、現在遺髪は入っていません。写真は相馬都胤画像です。

○指定の区別 市 有形文化財(書跡等)

○所有者/管理者 都玉神社

○所在地 相馬市坪田字高松19

○指定年月日  昭和61年5月29日