文化財ガイド

国指定文化財

県指定文化財

市指定文化財

正西寺の山門

しょうさいじのさんもん

正西寺は、浄土真宗門徒の菩提寺として建立されました。

江戸時代におこった天明の飢饉以降、藩は窮乏し、さまざまな藩の復興政策を実施したなかで、越中・越後(富山県・新潟県)などからの移民を奨励しました。それにより浄土真宗門徒が増加し、菩提寺が必要になりました。しかし、初めからお寺ができたわけではなく、当時は新しいお寺の建立が禁止されていたので会談通所と呼び、本願寺知事僧巡行の旅館と称していたようです。その後、発教のとき移民に尽力し、大堀正西寺(現浪江町)の名を継ぎ1836年(天保7)に正西寺と改称されました。

明治維新を迎え、旧中村城の城門等の払下げを受け、現在の正西寺の山門となっています。

○指定の区別 市 有形文化財(建造物)

○所有者/管理者 正西寺

○所在地 相馬市中野字北反町145

○指定年月日  昭和60年5月7日