文化財ガイド

国指定文化財

県指定文化財

市指定文化財

報徳記の原本

ほうとくきのげんぽん

『報徳記』は二宮尊徳の高弟で相馬中村藩士の富田高慶(1814年・文化11〜1890年・明治23)が著した尊徳の伝記です。1856年(安政3)10月の尊徳死後に書き上げ、11月2日に成稿、のち8巻に編成しました。

1880年(明治13)に天覧に供され、1883年(明治16)宮内省、1885年(明治18)農商務省、ついで大日本農会から出版され広く読まれました。

原本は、和綴の装丁で、二宮尊徳の伝記でもっとも古いものといわれています。

○指定の区別 市 有形文化財(書跡)

○所有者/管理者 相馬和胤

○所在地 見学不可

○指定年月日  昭和60年5月7日