文化財ガイド

国指定文化財

県指定文化財

市指定文化財

天明救荒録

てんめいきゅうこうろく

『天明救荒録』は1783年(天明3)〜6年にかけて、相馬地方をおそった天明の飢饉の内容を克明に記録した貴重な資料です。

天明期の気候から不作の状況、何を食物として命をつなごうとして探し求め、かつ苦しんだのか、救援米のこと、施粥のこと、疫病流行で人の死んで行く様子、葬りもならず朽ち腐っていく情況、社寺の祈祷、藩のあせりの様子や度々のお触書、死亡人員統計、1082年(永保2)以来の度々の飢饉の統計、諸品の値段など詳細をきわめ、同時に常々人々の心がけがいかに大事か、凶作時に対する準備を心がけねばならないことを警告しています。

これは、1833年(天保4)に紺野嘉左衛門基重が記したもっとも古い写本です。

○指定の区別 市 有形文化財(書跡)

○所有者/管理者 舘岡敏美

○所在地 相馬市歴史民俗資料館

○指定年月日  昭和59年3月6日