文化財ガイド

国指定文化財

県指定文化財

市指定文化財

銅製華瓶

どうせいけびょう

仏教の供養具のひとつで、瓶器をさします。華瓶は、仏・菩薩に花を供えるためのものです。密教では、壇上の四隅と中央に5つの華瓶をおきます。華瓶は、口が広く胴がはった亜字形や徳利形が多くあります。このほか、仏前に浄水を供える水瓶もあります。

この華瓶は、1643年(寛永20)の妙見(現在の相馬中村神社)造営遷宮祭日の仏具として、藩主相馬義胤によって奉納されたもので、義胤の遺品としても貴重なものです。

○指定の区別 市 有形文化財(工芸品)

○所有者/管理者 相馬妙見歓喜寺

○所在地 見学不可

○指定年月日  昭和56年3月5日