文化財ガイド

国指定文化財

県指定文化財

市指定文化財

双龍文環頭太刀柄頭

そうりゅうもんかんとうたちつかがしら

福迫横穴墓群(相馬市馬場野)から出土した、古墳時代後期(7世紀ごろ)の遺物です。

環頭太刀は、柄頭に環状の飾りをつけた太刀で、柄頭には2頭の龍頭をつくり出した環の中に玉を含んで向かいあう龍頭が立体的に装飾され、金銅で鍍金されています。これは、環頭を目釘によって茎(なかご)につけ、柄頭、鞘口などを金属でつつみ、柄間は金銀の葛纏文(くずまきもん)または打出文のある銀板、金銅板でおおい、鍔は喰出鍔(はみだしつば)であったろうといわれています。

また、双龍文環頭太刀柄頭は、朝鮮から伝来されたものと考えられます。

○指定の区別 市 有形文化財(考古資料)

○所有者/管理者 相馬市教育委員会

○所在地 福島県立相馬高等学校

○指定年月日  昭和49年6月26日