文化財ガイド

国指定文化財

県指定文化財

市指定文化財

中村城下地図

なかむらじょうかちず

城絵図は、城郭の配置や城下町の様子などを知る上で貴重な資料です。

城絵図の製作目的は、4つに大別できます。

その第1は城郭の設計です。そのため郭(くるわ)や濠(ほり)、土塁(どるい)の配置を描いた図面が作られ、「縄張図(なわばりず)」と呼ばれました。第2は江戸幕府がその統制力を高めるためです。第3は、城の修理を幕府に願い出るためです。第4は軍学修養に供するためです。中村城下地図は2幅あります。1702年(元禄15)のものと伝えられている4枚のうちの2枚です。

1枚は、1831年(天保2)に修理し、近年では1933年(昭和8)に表具を改めたと記録に見えます。

○指定の区別 市 有形文化財(絵画)

○所有者/管理者 相馬和胤

○所在地 見学不可

○指定年月日  昭和49年6月26日 昭和51年3月2日