文化財ガイド

国指定文化財

県指定文化財

市指定文化財

絹本著色松川十二景和歌色紙帖

けんぽんちゃくしょくまつかわじゅうにけいわかしきしじょう

江戸時代の貞享・元禄期(1684〜1704)のころ、相馬文化の興隆にもっとも熱心であった藩主相馬昌胤が、猪苗代玄盛(いなわしろげんせい)に命じ松川浦に新たに十二の新名所を選び、1688年(貞享5)9月、京都梶井常修院宮を通して時の東山天皇に奏し、廷臣および時の狩野派の画人たちに十二景の和歌と画とを色紙に画かせて賜わったものです。

二部つくり、一部は廷庫に納め、一部は相馬に下したといわれています。門外不出であったためか保存状態が良く、絢爛たる光彩の名残をとどめています。

○指定の区別 市 有形文化財(書跡)

○所有者/管理者 相馬和胤

○所在地 見学不可

○指定年月日  昭和49年6月26日