文化財ガイド

国指定文化財

県指定文化財

市指定文化財

佐藤玄々遺作品

さとうげんげんいさくひん

佐藤玄々(1888〜1963)は、旧中村町中野字反町前の生まれ、本名は清蔵、朝山、呵吽洞玄々(あうんどうげんげん)などの号を用いました。

玄々の家は、代々の宮彫師(みやほりし)で、幼少からノミに親しんで育ちました。1906年(明治39)上京し、日本木彫の伝統を守る山崎朝雲に師事。さらにフランスに留学し、当時世界的巨匠として知られたブールデルに師事、本格的な彫刻の基本的精神と技法を習得して帰国しました。

以後、日本の古典彫刻に新風を吹き込み、独自の作風を打ち立て、戦後は京都妙心寺内の大心院に転住し黙々と製作を続けました。院展には第1回(大正3年)から出品し、本県最初の日本芸術院会員となりました。また、異色な彫刻家として知られ、「天女像」をはじめ数多くの名作を残しました。

昭和35年には相馬市の名誉市民となりました。

○指定の区別 市 有形文化財(彫刻)

○所有者/管理者 相馬市

○所在地 相馬市歴史民俗資料館

○指定年月日  昭和48年11月17日