文化財ガイド

国指定文化財

県指定文化財

市指定文化財

御家給人根元之記

おいえきゅうにんこんげんのき

相馬中村藩の給人の由来を1798年(寛政10)に詳記したものです。

給人とは、藩主から知行・俸禄を支給された武士を指します。相馬中村藩の給人は2区分され、城下にあって直接藩の用を勤めている府下給人(御家中・麓給人)と、通常百姓をし、戦時に兵役にあたる在郷給人とがあります。

この『御家給人根元之記』は、写本が流布していますが、本書はその原本で著者渡部源兵衛美綱自筆のものです。渡部は、1786年(天明6)在郷給人の系図取調、寛政期には「衆臣系譜」を編さんした人物で給人の事歴に精通していました。

○指定の区別 市 有形文化財(絵画)

○所有者/管理者 岩崎敏夫

○所在地 相馬市歴史民俗資料館

○指定年月日  昭和40年4月26日