文化財ガイド

国指定文化財

県指定文化財

市指定文化財

中村城下町人町屋敷地図

なかむらじょうかちょうにんまちやしきちず

1768年(明和5)の地図で、城下の詳細な屋敷割りに間口の間数と氏名を記したものです。

中村城下は、1611年(慶長16)の中村城築城と同時に計画的に整備されました。町並みは、おおむね碁盤の目になるようにし、大きく4町に分け、さらに大小の横町を作っています。大町を本通りとし、田町、宇多川町、上町を設け、大町は6丁目、宇多川町は5丁目、田町と上町は4丁目としています。

浜街道に面した南北の入り口には、土手を築いて枡形をつくりました。現在も南の枡形は向町の正西寺の前、北の枡形は、田町と荒井町の境の柳橋にその名残をとどめています。

○指定の区別 市 有形文化財(絵画)

○所有者/管理者 相馬市

○所在地 相馬市歴史民俗資料館

○指定年月日  昭和40年4月26日