文化財ガイド

国指定文化財

県指定文化財

市指定文化財

梵鐘

ぼんしょう

梵鐘とは、お寺で時を告げるために打つ大型の鐘です。鐘楼などにつるし、撞木(しゅもく)でつきならすことから、釣鐘、あるいは撞鐘(つきかね)とも呼ばれています。

中国から伝わったもので、年代の明らかな最古の遺品は、698年(文武2)の銘をもつ京都妙心寺のものです。製作は、鎌倉時代が最も盛んで、南北朝期以降全国に広まっています。

この梵鐘は、1697年(元禄10)、冶工齋藤利左衛門安盛などによって作られたものです。形もよく響きもよい鐘で、太平洋戦争の供出の際も残された鐘です。

○指定の区別 市 有形文化財(工芸品)

○所有者/管理者 相馬妙見歓喜寺

○所在地 見学不可

○指定年月日  昭和40年4月26日