文化財ガイド

国指定文化財

県指定文化財

市指定文化財

紅頗黎色阿弥陀像

ぐはりいろあみだぞう

阿弥陀如来は、西方極楽浄土の仏で、日本では、浄土教の隆盛にともない諸仏のなかでももっとも多くの信仰を集めました。

阿弥陀はサンスクリットのアミターユス(無量の寿命の意)とアミターバ(無量の光明の意)の音訳です。

歓喜寺の紅頗黎色阿弥陀像は、木彫に朱の彩色を施し、宝冠をいただいており、蓮台のうえに五鈷杵(ごこしょ)を横たえその上に独鈷杵(どっこしょ)を立て、さらに蓮台をおいた上に安置されています。

『奥相志』によれば、歓喜寺住職第36世の遍明によって安置されたとあります。遍明は、1794年(寛政6)に住職となり、7年後の1800年(寛政12)に退隠しています。この間、1796年(寛政8)から翌年にかけて堀の造り替え、古鐘の改鋳などに取り組んでおり、この像の造立安置も、このような事業の一環として行われたと考えられます。

○指定の区別 市 有形文化財(彫刻)

○所有者/管理者 相馬妙見歓喜寺

○所在地 見学不可

○指定年月日  昭和40年4月26日