文化財ガイド

国指定文化財

県指定文化財

市指定文化財

絹本著色普賢菩薩像

けんぽんちゃくしょくふげんぼさつぞう

製作年代は、南北朝時代と考えられています。

法華経によれば普賢菩薩は、法華経を読誦、受持するものを擁護すると説かれています。また、法華経が女人往生を説くことから、平安貴族の女性たちの信仰を集め、普賢菩薩の優美な像が多く作られました。多くは法華経勧発品(ほっけきょうかんぱつぼん)や観普賢経(かんふげんぎょう)に基づいて、白象に乗り合掌した姿に表現されています。歓喜寺の影向図(ようごうず)は、普賢菩薩が浄土である東方浄妙国土(とうほうじょうみょうこくど)から雲に乗って、法華経信者の前にすがたを表したところを華麗に表現されています。

女性の信仰を集めた像らしく、優しく艶やかな雰囲気を醸し出しています。

普賢菩薩が向かって右に描かれる、珍しい構図となっています。通常の仏画では向かって右下が東となり、浄妙国土が東方に位置するところから、そこからあらわれる普賢菩薩は向かって左向きになります。

○指定の区別 県 重要文化財(絵画)

○所有者/管理者 相馬妙見歓喜寺

○所在地 見学不可

○指定年月日  平成13年3月30日