文化財ガイド

国指定文化財

県指定文化財

市指定文化財

相馬野馬追

そうまのまおい

伝承では、相馬氏の祖、平将門が下総国小金原に野馬を放ち、敵と見立ててこれを追い、武芸を練ったことに始まったといわれています。

現在は、妙見三社といわれる相馬中村神社(相馬市)、太田神社(南相馬市)、小高神社(南相馬市小高区)の合同祭礼となっています。

23日は、「お繰出し」(出陣)から始まり、妙見三社から南相馬市の雲雀が原へ武者行列が繰り出し、馬場潔めの式の後、宵乗競馬が行れます。24日は、「甲冑競馬」や花火で打ち上げられた御神旗を騎馬武者が奪い合う「神旗争奪戦」が行われます。終了後、「お上がり」といって各神社へ凱旋します。小高神社周辺では、「火祭り」が行われます。25日は、小高神社で古い名残をとどめた神前に馬を捧げる「野馬懸」が行われます。

○指定の区別 国 重要無形民俗文化財

○所有者/管理者 相馬野馬追保存会(相馬市・南相馬市・飯館村・浪江町・葛尾村・双葉町・大熊町)

○所在地 7月23日 出陣式(相馬市 相馬中村神社)7月24日 野馬追(南相馬市原町区 雲雀が原祭場)7月25日 野馬(南相馬小高区 小高神社)

○指定年月日  昭和53年5月22日