相馬港

 

相馬港のあゆみ

江戸(嘉永・安政) 北湊または原釜港と称され、藩祖米、塩の積出港として交易が盛んに行われていた。
   
   
△ 明治のころの原釜の風景
昭和 30年 原釜港として漁港修築工事に着手。
  34年 「相馬地方における港湾計画構想並びにこれに関する経済開発」調査。
  35年 地方港湾の指定を受け「相馬港」と命名され、福島県が管理者となる。
  36年 相馬港港湾修築工事着手。
  45年 福島県相馬港港湾建設事務所開設。
    1号ふ頭2,000トン岸壁1バース(-5.5m)供用開始。
    第8三福丸(485G/t)が硅石750トンを積載して初入港。
  49年 重要港湾に指定。
  50年 1号ふ頭5,000トン岸壁1バース(-7.5m)、同2,000トン岸壁1バース(-5.5m)供用開始。
    相馬港港湾計画決定。
  53年 県営1号上屋完成。
    輸入木材特定港に指定。
  55年 2号ふ頭5,000トン岸壁2バース(-7.5m)供用開始。
    相馬港テニスコート(全天候型3面)完成。
   
   
△ 2号ふ頭に初入港(55年)
  56年 エネルギー港湾として整備決定。
    2号ふ頭2,000トン岸壁1バース(-5.5m)供用開始。
    相馬港港湾計画の改訂。
  57年 エネルギー港湾建設起工式行われる。
   
   
△ 58年当時の相馬港
  58年 1号ふ頭2,000トン岸壁3バース(-5.5m)、5,000トン岸壁2バース(-7.5m)供用開始。
  60年 相馬港野球場完成。
  61年 相馬港港湾計画の一部変更。
  62年 港則法の適用港となる。
  63年 展望台完成。
    関税法による開港指定。
平成 2年 無線検疫対象港となる。
    5号ふ頭埋立完了。
  5年 エネルギー港湾完成。
   
   
△ 5号ふ頭に初入港した石炭船
  7年 2号ふ頭30,000トン岸壁バース(-12.0m)供用開始。
    県営2号上屋供用開始。
    相馬港港湾計画の改訂。
  8年 相馬港釣桟橋完成。
    相馬港利用促進協議会設立。
  10年 係留施設使用料に12時間制及び定期船優遇措置導入。
  11年 植物検疫法の輸入植物指定港となる。
  14年 県営3号上屋完成。
    大型荷役機械完成。
   
   
△ 大型荷役機械(移動式クレーン)
  17年 臨港地区の拡大変更301.4ha
  21年 内航フィーダーコンテナ定期航路開設。
   
内航フィーダーコンテナ船の入港
   
△ 内航フィーダーコンテナ船の入港
  22年 5号ふ頭2,000トン岸壁1バース(-5.5m)供用開始。
  23年 東北地方太平洋沖地震発生、港湾施設及び事務所壊滅。
    商用船舶が震災後初入港。
    内航コンテナ航路再開。
  25年 被災した大型荷役機械を新設。
    被災した公共岸壁1バースの復旧工事完了。
    相馬港港湾計画の一部改訂。
  26年 3号ふ頭30,000トン岸壁(耐震強化岸壁)1バース供用開始。
    平成25年度までに被災した公共岸壁13バース中10バース復旧完了

 


前のページへ戻る

ホーム > 港・団地・高速道路 > 相馬港 > 相馬港のあゆみ